新着情報

過去の新着情報一覧はこちら 

newご要望にお応えして〜成田崇矢先生による実技セミナー開催します‼

【タイトル】仙腸関節障害に対する評価とアプローチ
【開催日】平成30年2月25日日曜日 10:00〜16:00
【講師】成田 崇矢 先生(理学療法士(健康科学大学教授))

詳細はこちら

new永井聡先生の実技セミナー、アンコール開催です!!

【タイトル】私の考える股関節の理学療法
【開催日】平成30年1月21日日曜日 10:00〜16:00
【講師】永井 聡 先生(理学療法士(広瀬整形外科リウマチ科 部長))

詳細はこちら

newnote始めました!!

11月より運動と医学の出版社のnoteを始めました。
今回より電子ジャーナルプロフェッショナルリハビリテーション10号
「脳卒中後の痙縮に対する治療 .繊璽爐箸靴銅茲蠢箸爛椒張螢魅梗N邸廖蔽者 君浦 隆ノ介先生)
をnoteで販売しています。(税込み1000円)
今までより、アクセスしやすく読みやすくなっているかと思います。
どうぞ、ご覧ください。

アクセスはこちらから↓
https://note.mu/motion_medical

第10号 「脳卒中後の痙縮に対する治療 .繊璽爐箸靴銅茲蠢箸爛椒張螢魅梗N邸

new荒木茂先生に学ぶ「マッスルインバランスの理学療法」2日間(座学&実技)

【タイトル】マッスルインバランスの理学療法
【開催日】平成30年1月27日土曜日 10:00〜16:00
【講師】荒木 茂 先生(理学療法士(石川県立明和特別支援学校))

詳細はこちら

【タイトル】マッスルインバランスの理学療法〜実技編〜
【開催日】平成30年1月28日日曜日 10:00〜16:00
【講師】荒木 茂 先生(理学療法士(石川県立明和特別支援学校))

詳細はこちら

new赤羽根良和先生の『機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法セミナー』開催します。

【タイトル】機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法
【開催日】平成29年12月3日日曜日 10:00〜16:00
【講師】赤羽根 良和 先生(理学療法士(さとう整形外科))

詳細はこちら

newお詫び『腰椎の機能障害と運動療法ガイドブック』P52に誤りがございました。

お詫び『腰椎の機能障害と運動療法ガイドブック』P52に誤りがございました。 読者の皆さまにはご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。 詳しくはこちら

new完売御礼!第3弾メルマガ受信者限定セミナー

【タイトル】肩関節の運動機能と評価
【開催日】平成29年11月19日日曜日 10:00〜16:00
【講師】千葉 慎一 先生(理学療法士(昭和大学病院))
9月1日配信のメルマガで募集しました上記セミナーは、満席となりました。お申込みいただいた皆さま、ありがとうござます。惜しくも逃してしまった皆さま、キャンセル待ちを受け付けておりますので、「お問い合わせ」よりキャンセル待ちの旨ご連絡をお願いいたします。

詳細はこちら

new機能解剖学的触診技術を実技で学びませんか?

【タイトル】膝関節疾患に対する評価・運動療法に必要な機能解剖学的触診技術
【開催日】平成29年11月11日土曜日 10:00〜16:00
【講師】豊田 和典 先生(理学療法士(JAとりで総合医療センター技師部長))

詳細はこちら

newボバースコンセプトにおけるヒューマンムーブメント実技セミナー(全3回)を開催します‼

【タイトル】ヒューマンムーブメントセミナー・第2回 座位姿勢から背臥位までの運動の構成要素の分析
【開催日】平成29年11月5日日曜日 10:00〜16:00
【講師】古澤 浩生 先生(理学療法士(医療法人敬愛会 リハビリテーション天草病院))

詳細はこちら

【タイトル】ヒューマンムーブメントセミナー・第3回 起き上がりから立ち上がり、歩行における運動の構成要素の分析
【開催日】平成29年11月26日日曜日 10:00〜16:00
【講師】古澤 浩生 先生(理学療法士(医療法人敬愛会 リハビリテーション天草病院))

詳細はこちら

当社社長からのごあいさつ

"たくさんの人の本物の笑顔を作りたい"という想いを強く抱き、当出版社は立ち上がりました。
この基本理念を貫くことを当社の目標としています。当社の立ち上げに関わったメンバーは、リハビリテーション、整形外科、スポーツ整形外科、神経内科の分野で活躍している優秀な臨床家の先生方です。
そこであえて的を絞り、運動器に関わる分野の本」と「この分野の臨床科のスキルアップに必要な本」に限局して出版に携わろうと考えています。
運動器という狭い分野に的を絞ることで、この分野の臨床家が求めていることをしっかりと把握できると考えています。
そして、「本物の臨床家が書いた本物の本」を次々と出版していきたいと思います。
これから、何卒宜しくお願い致します。


ロゴ画像