超音波でわかる運動器疾患−診断のテクニック

 超音波検査の最も基本となる書籍といえます。筋・腱・靱帯・骨・軟骨などの各組織の見え方や各関節を診るための基本的な手法が詳細に書かれています。また、図解を中心に説明されているのもとても嬉しい一冊です。さらに“Q&A形式"による整形外科疾患の診断法,プラス情報として“超音波検査に役立つ実際の解剖写真"も掲載されています。運動器の超音波検査をこれから学ぶ人に是非お薦めの一冊です。


ロゴ画像