『寝たきりをつくらない介護予防運動〜〜理論と実際〜〜』(宮田重樹著)

運動と医学の出版社代表取締役の園部です。

あなたは、日本の高齢化は、どこまで続くかご存じですか?

医療の現場にいても意外と答えられませんよね・・・。

実は・・・

高齢化率の上昇は、これから30年以上も止まることがありません。

2055年には、なんと高齢化率が39.9%に達すると推計されています。



このことを知ると、今後、我々療法士に、国が、そして社会が、最も要求するものは何だと思いますか。

それは・・・
「寝たきり」を減らし、そして「家族の介護」を少なくすることが、絶対的な要求として、社会がさらに望むようになります。

その意味は下記の映像見ればわかると思います。

https://youtu.be/tVVauAYnTIc


これからの時代は「平均寿命を延ばす」から「健康寿命を延ばす」方向に必ず社会がシフトしていきます。

つまり高齢化社会で、生涯「寝たきり」にならない身体をつくり、そして「家族の介護」を少なくすることが さらに求められていきます。

これを実現化するために、最も効果的な方法は『介護予防運動』です。

医師・療法士を含め、高齢者に関わるすべての医療人は、『介護予防運動』で効果を出すための理論と実際を しっかり学び、そして介護予防に真剣に取り組みいかなければなりません。

それを実現することで、これからの時代において「高齢者本人」「その家族」「社会」に大きな貢献ができるようになります。
つまり・・・
医療人も・・・
患者も・・・
家族も・・・
みんなにとって良い  そういった社会貢献ができます。

そして、その役割は大変重要です。

その期待に応えるために、下記の書籍は作成されました。
http://amzn.to/2BcmNDb

本書を読んで頂ければ、医療・介護が、そして社会全体が、これからしなければならいことが見えてくるはずです。

筆者は私の尊敬する整形外科医、宮田重樹先生です。

宮田先生は健康寿命介護予防運動に関わることで極めて著名な先生です。

もし自分の将来に不安を感じている療法士がいましたら、この本をぜひ読んで欲しいんです。
その意味は下記の映像見ればわかると思います。
https://youtu.be/tVVauAYnTIc

購入は下記URLから
http://motion-medical.co.jp/?pid=126486320(会員は消費税8%引き)
http://amzn.to/2BcmNDb(amazonでの購入希望の方はコチラ)

これからの激動の医療の中で、
先手を打って成長できる医療人になってください。
その意味は下記の映像見ればわかると思います。
https://youtu.be/tVVauAYnTIc

購入は下記URLから
http://motion-medical.co.jp/?pid=126486320(会員は消費税8%引き)
http://amzn.to/2BcmNDb(amazonでの購入希望の方はコチラ)


ロゴ画像