脳卒中後遺症者へのボバースアプローチ 〜基礎編〜

型番 1009
販売価格 5,800円(税込6,264円)
購入数
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

日本人国際インストラクターが執筆!

 ボバースアプローチとは、ボバース夫妻により開発され、世界で最も普及した中枢神経疾患のリハビリテーション治療概念です。
 脳や脊髄といった中枢神経系の可塑性(損傷された神経回路網の修復過程)を活用し、中枢神経疾患に起因した障害をもたれた方々の機能改善をめざす治療です。
 ヨーロッパ諸国を中心に、アメリカ、カナダ、ブラジル、南アフリカ共和国、オーストラリア、イスラエル、韓国、中国、日本など世界29ヶ国で国際インストラクターを排出し、現在もなお治療内容を発展させています。

目次

  • 1章 ボバース概念と歴史 (古澤正道)
  • 2章 姿勢緊張と相反神経関係 (古澤正道)
  • 3章 姿勢コントロールと運動コントロール (古澤正道)
  • 4章 キーポイントオブコントロールと支持面 (古澤正道)
  • 5章 促通 (古澤正道)
  • 6章 ヒューマンムーブメント (高橋幸治)
  • 7章 ボバース概念におけるシステム理論および運動学習理論の捉えかた(古澤正道)
  • 8章 シナジー (古澤正道)

『ご注意』

★お支払い方法をクレジット選択された場合、お申込時に決済完了となります。
決済後のご注文取り消し、ご返金はいたしかねますので予めご了承ください。

★お支払い方法を銀行振込選択された場合、商品発送時までにご入金が確認されない場合は発送できません。
お申込から一週間以内のお振込みをお願いいたします。
ご入金確認完了後のご注文取り消し、ご返金はいたしかねますので予めご了承ください。

脳卒中後遺症者へのボバースアプローチ 〜臨床編〜は16年春発売予定です!

脳卒中後遺症者へのボバースアプローチ 〜臨床編〜

執筆:古澤正道先生・曽根政富先生・鈴木三央先生・椎名英貴先生


ロゴ画像