肩関節拘縮の評価と運動療法

型番 1006
販売価格 5,400円(税込5,832円)
購入数
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

発売より多くの皆さまに「読みやすい」「わかりやすい」と支持されています!!

〜赤羽根良和先生 コメント〜

運動器のリハビリテーションにおいてセラピストが求められている治療効果は、拘縮の改善と関節機能の回復に付随して疼痛を軽減および消失させることです。
この本は、拘縮を円滑に除去するために必須の一冊となります!

《赤羽根良和先生 略歴・受賞歴》
平成11年:吉田整形外科病院 入社
平成21年:さとう整形外科 入社
第22回 理学療法ジャーナル賞 受賞論文 入賞
第24回 理学療法ジャーナル賞 受賞論文 入賞
その他、学会発表、論文など多くあり。

〜林典雄先生(「監修のことば」より)〜

拘縮をしっかり診られるようになると、疼痛との関わりも診られるようになります。実際に、拘縮を改善すると多くの関節痛がよくなります。このことを本書より読み取って頂けると幸いです。今回このコンセプトを伝える重要な仕事をやり遂げた赤羽根先生に敬意を表します。

目次

  • 1章 肩関節の基礎知識
  • 2章 肩関節拘縮の基本評価
  • 3章 肩関節拘縮に対する基本的な考え方
  • 4章 筋攣縮と筋短縮との相違
  • 5章 筋が原因となる拘縮
  • 6章 肩関節上方支持組織の癒着が原因となる拘縮
  • 7章 関節包靭帯が原因となる拘縮
  • 8章.肩甲帯機能不全と肩関節可動域(拘縮)との関連

紹介動画

同タイトルのセミナー動画のダイジェストを作成しました。どうぞご覧ください。

本セミナーを収録したDVDも好評発売中です。

書籍サンプル:クリックして拡大できます。

サンプルページ1 サンプルページ2

ロゴ画像