【2018/01/27開催】マッスルインバランスの理学療法

型番 0175
販売価格 6,482円(税込7,000円)
購入数
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

紹介動画

概要

マッスルインバランスとは、姿勢や生活習慣、職業など毎日繰り返される物理的ストレスによって、特定の筋、関節などの組織が炎症を起こすことが原因となる「筋の不均衡」です。この「筋の不均衡」を改善させるために必要なテクニックをだれにでもわかるように解説していきます。

講師の先生からのコメント

 腰痛症や変形性膝関節症など運動器疾患はMMTやROMを中心とした評価方法では問題点がとらえにくい。また徒手的な治療だけでは一時的に症状が良くなったとしてもその人の姿勢アライメントや運動パターンなど生活習慣が改善されなければ再発を起こす。マッスルインバランスの理学療法は姿勢、筋の長さ、運動パターンを評価することによりマッスルインバランスを改善させ異常な姿勢アライメントや運動パターンを修正することにより痛みや機能障害の原因になっているメカニカルストレスを軽減させる。
 理学療法は医学として標準化された再現性のある評価方法と治療方法が必要である。医師や他の医療職、患者に理解できるような治療でなければ医学として認められない。特殊な技術や難しい手技ではなく新人でもできる標準的アプローチが必要である。今回は運動器疾患に対して基本的な評価方法と過緊張筋抑制のためのテクニック、弱化筋の活性化エクササイズ、運動パターン修正エクササイズについて研修する。

講師プロフィール

【学歴】
昭和53年 3月 国立療養所近畿中央病院付属リハビリテーション学院理学療法学科卒
平成13年 3月 放送大学「生活と福祉専攻」卒
【職歴】
昭和53年 4月 神奈川リハビリテーションセンター 七沢老人リハビリテーション病院
昭和54年10月 石川県立中央病院
平成 元年 4月 小松市民病院
平成 5年 4月 石川県衛生総務課(リハビリテーションセンター開設準備室)
平成 6年10月 石川県リハビリテーションセンター
平成27年 4月 石川県立いしかわ特別支援学校
平成28年 4月 石川県立明和特別支援学校

日時詳細

日 時
平成30年1月27日土曜日 10:00〜16:00
内 容
マッスルインバランスの理学療法
講 師
荒木 茂 先生
理学療法士(石川県立明和特別支援学校)
会 場
YMCAアジア青少年センター(東京都千代田区猿楽町2-5-5)(アクセス )(MAP
参 加 費
7000円

ロゴ画像