【2017/09/03開催】超音波画像からみえる足関節拘縮の評価と治療

型番 0164
販売価格 11,112円(税込12,000円)
購入数
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

本セミナーは専門理学療法士制度ポイント認定講習会です

申請を希望の方はPT協会会員番号をお控えの上、当日受付にて番号をご記入をお願い致します。
すでにPT協会会員番号をお持ちの方で番号をおわかりの方はご注文の際の備考欄に番号をご記入下さい。
尚、申請の受付はセミナー当日いっぱいですので、後日のご連絡はご遠慮下さいますよう、ご理解の程宜しくお願い致します。
スムーズな受付業務進行のため、ご協力をお願い致します。

概要

足関節の拘縮に対して、超音波画像診断装置をどのように運動療法に役立てていくかを実技をメインに講義します。

講師の先生からのコメント

超音波画像診断装置は、関節運動に伴う軟部組織の動態を即時に観察でき、距離をはじめとする詳細な測定機能を駆使することで、関節拘縮治療に対する評価機器としての有用性がある。今回は、脛骨遠位端や足関節果部骨折術後患者を対象に、観察された関節拘縮を情報共有し、それに対する評価と運動療法について提案したい。

講師プロフィール

2000年 国際医療福祉大学卒業 理学療法士免許取得
      足尾双愛病院所属
2002年 厚生連総合病院土浦協同病院所属
2014年 茨城県立医療大学大学院保健医療科学研究科
      理学療法学作業療法学専攻 博士前期課程修了

日時詳細

日 時
平成29年9月3日日曜日 10:00〜16:00
内 容
超音波画像からみえる足関節拘縮の評価と治療
講 師
村野 勇 先生
理学療法士 (茨城県厚生連 総合病院土浦協同病院 リハビリテーション部リハビリテーション部主任)
参加人数
24名
会 場
運動と医学の出版社セミナールーム(MAP
参 加 費
12000円(軽食付き)

ロゴ画像