林典雄先生の運動器疾患の機能解剖学に基づく評価と解釈 上肢編

型番 1015
販売価格 5,000円(税込5,400円)
購入数
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

『林典雄先生の運動器疾患の機能解剖学に基づく評価と解釈 上肢編』

著者  林典雄・岸田敏嗣
監修  林典雄
本体価格  5000円
発刊日  2017年6月15日

紹介動画

発刊に寄せてより林典雄先生のコメント

本書は、運動器障害を扱う上で必要な検査技術について、それら技術の背景となっている機能解剖学との関連を解説したものです。所々に私オリジナルの工夫を交えながら、臨床で観察される症状を機能解剖学で斬っていきます。初めて運動器疾患について学ぶ学生をはじめ、もう一度運動器疾患について見直したいと考える若いセラピストを対象に記述していますので、肩の力を抜いて、授業を聞くつもりで読んでいただければと思います。

目次

1章 肩関節障害の評価とその解釈
2章 肘関節障害の評価とその解釈
3章 手関節障害の評価とその解釈
4章 手指関節障害の評価とその解釈

会員様は消費税分を割引いたします!! 新規会員登録はこちらから

ロゴ画像