臨床家としての私の理念

当ホームページでは、当社で厳選しました素晴らしい臨床家による「臨床家としての私の理念」を掲載していきたいと考えています。
目標としている臨床家がどのような理念で臨床と向き合っているのかということは、若い臨床家にとって生涯を通して参考になることと思います。
皆様が生涯抱き続ける強い理念と出会い、その理念が臨床家としての成長に繋がることを強く願っています。

掲載者一覧

入谷 誠

1957年広島生まれ、理学療法士。
入谷式治療法を開発し、その治療概念に基づく技術によって、日本のリハビリ界において最も偉大な功績を残す。平成11年に(株)足と歩きの研究所を設立。同研究所にはスポーツ、芸能をはじめ、日本の医療施設の中では最も多くの著名人が訪れるといわれる。

林 典雄

1965年岐阜県出身。中部学院大学リハビリテーション学部理学療法学科教授。整形外科リハビリテーション学会(代表理事)。
骨関節機能障害に対する機能解剖学観点からの研究、臨床、教育を中心に幅広くリハビリテーション医療に貢献。
著書として「運動療法のための機能解剖学的触診技術(上肢、下肢・体幹):メジカルビュー」、「関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション(上肢、下肢・体幹):メジカルビュー」など多数。中でもベストセラー「運動療法のための機能解剖学的触診技術(上肢、下肢・体幹):メジカルビュー」については韓国語ならびに中国語に翻訳され韓国、台湾で販売される。
現在も臨床を継続しながら臨床的意義を持った研究を継続中。

福井 勉

1959年東京都下町生まれ(祭好き)。現、文京学院大学保健科学研究科教授。文京学院大学スポーツマネジメント研究所所長。医学博士(昭和大学:整形外科学)。
『整形外科理学療法の理論と技術』、『結果の出せる整形外科理学療法』など著書多数。臨床バイオメカニクス研究の第一人者として臨床、教育を中心に幅広く貢献。弊社の “本物の臨床家” の調査でも常に上位に名前が挙がる。

紀伊克昌

 1942年、佐賀県出身。森之宮病院リハビリテーション部名誉副院長。ボバースシニアインストラクター。
 脳性麻痺・脳卒中・頭部外傷など脳血管障害を対象に、卓越したハンドリング技術によって症例の機能を引き出し、リハビリテーション医療の可能性を導いてきた。本邦の脳血管障害の運動療法の先駆者としてリハビリテーション医療の発展に貢献。また、ボバースシニアインストラクターとして、後進の指導にあたりその卓越したハンドリング技術を継承してきた。
 現在も森之宮病院名誉副院長という要職にありながらも、臨床を継続し後進の指導にあたっている。


ロゴ画像