近代ボバース概念 理論と実践

 ボバースの現在のコンセプトをまとめた1冊。ボバースアプローチは世界23カ国で国際インストラクターが所属し、中枢神経疾患のリハビリテーションにおいて世界で最も広まった治療法といえる。日本でも多くの国際インストラクターが所属しているが、ボバースの書籍が本邦ではほとんどないことから、貴重な1冊といえる。、中枢神経系に障害を呈した患者に対する評価と治療を、根拠に基づく治療を基に方向付けした手引書。ボバース理論のみならず、理論的情報と臨床関連とのバランスをうまく保つために臨床例を数多く挙げている。


ロゴ画像